8月21日:不可逆

夕方に母が来てくれたので一時間だけ娘を預けて妻とふたりでカフェに行ってきた。娘を連れてカフェに入るのにはだいぶ慣れてきたのだけど妻とふたりきりでというのは今回が出産以来はじめて。ベビーカーを推しながらの外出とは違い狭い道や段差のある道も通れる。出産前はこういう感じだったなと思い出しながらカフェまでの道をふたりで歩いていった。
 
母は以前妻に「赤ちゃんのこと考えない時間が必要だよ」と言っていたのだけど、たぶん正しい言葉なのだろう。
 
それでもやっぱり娘が傍にいない状況にはそわそわする。母への連絡(娘ちゃん大丈夫?)をかなり小刻みにしてしまった。三人家族になったんだなというのを改めて実感する時間にもなった。帰宅して元気そうな娘の顔を見て安心する。お留守番おつかれさま。パパとママにふたりの時間をくれてありがとうね。
 
午前中にはちょっと用事がありひとりで東京に出かけた。用事が済んだあとは東京に住んでいた十年間ずっと通い詰めていたラーメン屋に久しぶりに行けるぞと楽しみにしていたのだけど、いざ行ってみると閉店して別のお店になってしまっていた。妻とも何度も行った。自分が知る限りいちばんおいしいラーメン屋だったのに。

良いことも悪いこともいろいろなことが変わっていく。

タイトルとURLをコピーしました