「 辺川 銀 」一覧

天国を探して-第6話

天国を探して-第6話

この人はかつて私にとって自慢の父親だったが病気を発症してからは私のことを違う女の名前で呼ぶようになった。その女が父にとってどういう存在なのかは知らない。

全文を読む

10月15日:カープ初優勝から43年

10月15日:カープ初優勝から43年

あと僕と妻の結婚記念日。

全文を読む

天国を探して-第5話

天国を探して-第5話

今年の四月に入社したアサクラは嫌なやつだった。口数が少なく表情にも乏しく可愛げがなかった。挨拶が出来ず飲み会には出席せず先輩に対する礼儀というものがなっちゃあいなかった。けれど呆れるほど仕事が出来る男だった。

全文を読む

天国を探して-第4話

天国を探して-第4話

先輩とはもう別れちゃったよとあたしが伝えると、彼女は左側の口角だけを上げて満足そうに笑い「あなたも遊ばれたのね。可哀想に」と言った。

全文を読む

10月14日:おめでとう王女さま

10月14日:おめでとう王女さま

イギリスのユージェニー王女が結婚した。

全文を読む

10月13日:僕らに出来ること出来ないこと

10月13日:僕らに出来ること出来ないこと

10月13日。日帰りで妻の実家を訪ねてたり義祖母の家の庭でバーベキューをしたり田園地帯を散歩したりするなど。

全文を読む

【こんなことやってます】理髪師の穴

【こんなことやってます】理髪師の穴

今年の2月ごろから「理髪師の穴」というものを細々とやっています。

全文を読む

天国を探して-第3話

天国を探して-第3話

アサは変わり者だった。テストの点はいつも良かったけど授業の最中には「この漢字はどうしてこういう形しているんですか」とか「水は燃えないのにアルコールが燃えるのは何故」とか、大人のいうところの「授業とは関係のない質問」ばかりをしていたので先生たちからは煙たがられていた。

全文を読む

天国を探して-第2話

天国を探して-第2話

「素敵なものって何? 分からない。教えて欲しい」とアサクラくんは言った。わたしは彼の小さな頭を軽く撫でてから、あなたが良いなと思うものを持っていらっしゃいと伝えた。

全文を読む

【ご挨拶】新しいことはじめました

【ご挨拶】新しいことはじめました

「あなたのショートショート」と題して、「あなたのお話を聞いて辺川が掌編小説を書きますよ」というやつを始めることにしました。さっそく何件かお問い合わせいただき、結構びっくりしてます。

全文を読む

天国を探して-第1話

天国を探して-第1話

アサクラさんのことを俺は嫌っていた。そして軽蔑していた。今年で二十四歳になるというのにこんなコンビニでフリーターをやっているような男だからだ。

全文を読む

だってあなたは不幸の方しか見ない

だってあなたは不幸の方しか見ない

――母はよく言いました。『お父さんは私たちよりも恵まれないひとをいつも助けている。私たちは恵まれているから、少しぐらい寂しくても我慢しましょうね』

全文を読む

9月28日:湖畔の街で会いましょう

9月28日:湖畔の街で会いましょう

明日(9/29)は妻が越谷レイクタウンのイベントに出展。今回もキャンドルの販売をやるそう。お近くの方はぜひ遊びに来てくださいませ(僕も一応居ます)。

全文を読む

9月23日:ウィンクがド下手(+イベント出展情報)

9月23日:ウィンクがド下手(+イベント出展情報)

最近また妻がウィンクの練習をしている。

全文を読む

声の墓標-最終話

声の墓標-最終話

もう瞼を持ち上げる体力さえ残っていないのか、目を瞑ったままでおじいさんは喋った。「人の生き死には、何も意味がない。意味はないのだけど、良い人生、意味のある人生だったと、思いたがっている自分もいる。私の人生には。意味があっただろうか」

全文を読む