「 辺川 銀 」一覧

11月4日:寝言でふりかえる妻・2017年編

11月4日:寝言でふりかえる妻・2017年編

人間ひとりというのは本当に奥深く結婚してから3年経つけど「いまだに妻のことよく分かんないな…」と思うことがあり、その最たる時が彼女の、常軌を逸した寝言を耳にしたときであります。

全文を読む

11月2日:寝言でふりかえる妻・2016年編

11月2日:寝言でふりかえる妻・2016年編

今日もリビングで可愛らしいキャンドルを製作中の妻ですが突拍子もない猫ごということにも定評があります。まとめ第2弾。

全文を読む

10月31日:寝言でふりかえる妻・2015年編

10月31日:寝言でふりかえる妻・2015年編

立てばビューティー座ればクール、カリスマ店員でありながらキャンドルアーティストの顔も持ちと隙のない妻ですが寝言が面白いことに定評が。

全文を読む

【あなたのショートショート】新しいこと、始めて半月が経過

【あなたのショートショート】新しいこと、始めて半月が経過

「あなたのお話を聞いて辺川が掌編小説を書きますよ」という試みを始めてから半月。

全文を読む

骨と貝殻、マドレーヌ

骨と貝殻、マドレーヌ

彼に手を握られていたから、手首に巻いた腕時計の文字盤を見ることができず、ああ、ひとと手を繋ぐというのは、非常に不便なのだなと思いました。

全文を読む

父のようにはなれない

父のようにはなれない

子どもの頃からどこに行っても『あの人の娘だからきっと美人になるね』って必ず言われたのよ。そりゃ最初のうちは素直に、自分は将来美人になれるんだ楽しみだなって受け取っていたけど、十代にもなるとだんだん現実見えてきちゃうからさぁ。

全文を読む

あの場所まであと半日

あの場所まであと半日

ねえそろそろ結婚するんでしょう? とわたしたちをよく知る友人たちにからかわれることもだんだん増えてきて、そういうことはもちろん、わたしの頭の中にも、おそらく彼の頭の中にもあった。

全文を読む

天国を探して-最終話

天国を探して-最終話

コンビニの夜勤は午前六時に終わる。家に帰り着くとシャワーを浴びて煙草を一本吸う。あとは何もせずに昼過ぎまで眠る。アサクラは日々をそうやって過ごした。

全文を読む

10月17日:次回のお散歩予定

10月17日:次回のお散歩予定

10/15が結婚記念日だったので今日は妻とふたりで出掛けて少し良いお店でお昼ご飯を食べた。

全文を読む

天国を探して-第7話

天国を探して-第7話

親戚の大人たちはことあるごとに兄と比較し「お兄ちゃんとは違って素直ね」とぼくのことを褒めた。だけどそうやって褒められるたびにぼくは悔しく思った。

全文を読む

金魚鉢の中へ

金魚鉢の中へ

ああ替えが効かない相手が増えるほど一生は不自由になっていくというのに私が居ないとご飯も食べられないアンタたちはなんて不自由なんだろう!

全文を読む

天国を探して-第6話

天国を探して-第6話

この人はかつて私にとって自慢の父親だったが病気を発症してからは私のことを違う女の名前で呼ぶようになった。その女が父にとってどういう存在なのかは知らない。

全文を読む

10月15日:カープ初優勝から43年

10月15日:カープ初優勝から43年

あと僕と妻の結婚記念日。

全文を読む

天国を探して-第5話

天国を探して-第5話

今年の四月に入社したアサクラは嫌なやつだった。口数が少なく表情にも乏しく可愛げがなかった。挨拶が出来ず飲み会には出席せず先輩に対する礼儀というものがなっちゃあいなかった。けれど呆れるほど仕事が出来る男だった。

全文を読む

天国を探して-第4話

天国を探して-第4話

先輩とはもう別れちゃったよとあたしが伝えると、彼女は左側の口角だけを上げて満足そうに笑い「あなたも遊ばれたのね。可哀想に」と言った。

全文を読む