「 掌編小説 」一覧

RAT

RAT

その子は恋い焦がれるように、天国を語った。次の日の朝になるとその子の姿はもう箱の中にはなくて、きっと天国に行くことができたんだなとぼくは思った。

全文を読む

Pちゃん

Pちゃん

ぼくがひとりで居る時だけ、Pちゃんはやって来ます。ぼくはPちゃんと一緒に、お喋りしたり、本を読んだり、テレビを見たりします。

全文を読む