「 掌編小説 」一覧

ペンキと老人

ペンキと老人

その老人には、毎晩、眠る前に、しなければいけない決まりごとがあります。それは部屋の壁に、バケツ一杯分の、ペンキを、ぶちまけることです。

全文を読む

大魔王様

大魔王様

僕はあんまり、大魔王様がわっはっはとか笑うの、見たくないって思う。だから頑張って勇者に勝とうって戦うけど、でもやっぱり、僕もやられちゃう気がする。

全文を読む

RAT

RAT

その子は恋い焦がれるように、天国を語った。次の日の朝になるとその子の姿はもう箱の中にはなくて、きっと天国に行くことができたんだなとぼくは思った。

全文を読む

Pちゃん

Pちゃん

ぼくがひとりで居る時だけ、Pちゃんはやって来ます。ぼくはPちゃんと一緒に、お喋りしたり、本を読んだり、テレビを見たりします。

全文を読む