「 掌編小説 」一覧

機械の王国

機械の王国

機械たちはみんな女王を愛していた。女王はこの王国の誰よりも弱くて情けなくて、唯一の人間でした。

全文を読む

ウラヤマバード

ウラヤマバード

学校をさぼった。ランドセルを背負って家を出たけどあいつらのいる所になんか二度と行きたくなかった。

全文を読む

ウルトラスーパー猫会議

ウルトラスーパー猫会議

カツオブシの味を知ってしまったボクは、もうカツオブシがなきゃ生きていけない! カツオブシを食べれないボクはなんて不幸なんだ!

全文を読む

紙の魚

紙の魚

切り抜きで出来た魚なんです。僕はね、紙の魚なんです。

全文を読む

ナゴ

ナゴ

ぼくは野良の猫で、だから本当はぼくに名前なんかないのだけれど。ナゴ、という名前で呼ばれることを、ぼくは嬉しいと思うのです。

全文を読む

わーるどえんど・びにーるるーむ

わーるどえんど・びにーるるーむ

わたしたちはずっとここにいるの。だけど寂しいことは、なにひとつないのよ。あなたひとりさえいれば、わたしは充分ですもの。

全文を読む

ペンキと老人

ペンキと老人

その老人には、毎晩、眠る前に、しなければいけない決まりごとがあります。それは部屋の壁に、バケツ一杯分の、ペンキを、ぶちまけることです。

全文を読む

大魔王様

大魔王様

僕はあんまり、大魔王様がわっはっはとか笑うの、見たくないって思う。だから頑張って勇者に勝とうって戦うけど、でもやっぱり、僕もやられちゃう気がする。

全文を読む

RAT

RAT

その子は恋い焦がれるように、天国を語った。次の日の朝になるとその子の姿はもう箱の中にはなくて、きっと天国に行くことができたんだなとぼくは思った。

全文を読む

Pちゃん

Pちゃん

ぼくがひとりで居る時だけ、Pちゃんはやって来ます。ぼくはPちゃんと一緒に、お喋りしたり、本を読んだり、テレビを見たりします。

全文を読む