すこし違った遊びをしていた彼女は

すこし違った遊びをしていた彼女は

好きじゃない男のひととセックスしている時間というのは考え事をするのに結構向いている。

全文を読む

すこし違った遊びをしてみただけ

すこし違った遊びをしてみただけ

わたしたちまだ中学生で、だからたぶんこの中で私だけがそのことを知ってる。放課後になるとわたしは部活動をさぼって男の家に出かける。

全文を読む

機械は拗ねてもエラーを起こせません

機械は拗ねてもエラーを起こせません

あなたの笑顔を目にしたわたしは条件反射で幸福感を感じた。あなたの幸せがわたしの幸せだと、恋人同士だった頃に刷り込まれたからだ。

全文を読む

恋ならば落ちよう愛ならば誓おう

恋ならば落ちよう愛ならば誓おう

誰よりも速く飛べる飛行機を求めていたゴンゾは一目でアバンテに恋した。それから十二年の月日が経ち、今のアバンテは一昔前の終わった名機に過ぎない。

全文を読む

あしたの朝もきちんと起きねばならない

あしたの朝もきちんと起きねばならない

働きたくないよう。と、彼はわたしに甘えた声で言った。彼の職業は死神。主な業務内容はひとを死なせること。明日は月曜日だ。

全文を読む

どうかどうかあなたはお幸せに

どうかどうかあなたはお幸せに

捨てられたわたしはあのひとのことを恨んだ。報いを受けろ、絶対許さないと、毎日毎晩あのひとを呪った。あのひとの不幸だけを願った。

全文を読む

羽根も持たない可哀想ないきものたちの話

羽根も持たない可哀想ないきものたちの話

コンビニに並んでいる雑誌の表紙に彼女の姿を見つけた。わたしばかりが上手に変われなかった。

全文を読む

昨日の羊

昨日の羊

どんより暗く大きな雲が近づいてきました。動物たちはみんな避難しました。脚を怪我した一頭の羊と、食欲のない一頭の狼。この二頭だけが草原に残りました。

全文を読む

明くる朝には跡形を探しに出かける

明くる朝には跡形を探しに出かける

僕は向日葵に水をあげてるんだ。少年は私の方に目をくれることもなく答えた。向日葵の葉先は水気を失い黄土色をしていた。

全文を読む

ウサギ怪人の話

ウサギ怪人の話

怪人に助けを求められても大抵は罠だから相手したらいけないっていうのが社会の常識だった。なのに私はウサギ怪人の小さな身体を背負って家へ運んでいた。

全文を読む

雨垂れのミドリ

雨垂れのミドリ

私が笑顔や泣き顔を見せると、お母さんは決まって私のことを怒鳴ったり叩いたり髪の毛を引っ張ったり、気まぐれにぎゅっと抱きしめてくれたりとかした。

全文を読む

笑う雨の日の虫けら

笑う雨の日の虫けら

あいつはハエだからいじめられている。ハエは一見普通の人間と区別がつかない見かけをしているが、背中に一対の羽根をもっており、そこだけ違っている。

全文を読む

奇形の天使がうまれる

奇形の天使がうまれる

やつらはみんなだいたいお母さんやお母さんの旦那と同じぐらいの年代の男でわたしの身体をお金で買おうとしてきた。

全文を読む