わーるどえんど・びにーるるーむ

 世界が滅びたので、

 ビニールの部屋に、ぼくらは暮らしています。

 世界はもう、終わってしまっていて、

 ビニールに覆われたこの部屋だけが、無事に残ったのです。

 ビニールの部屋に、僕らは暮らしています。

 ビニールの部屋に、お母さんとふたりで暮らしています。

 世界は滅びたので、

 この部屋の外は毎日、冷たい風が吹き荒れています。

 だけどビニールは熱を閉じ込めるので、

 この部屋の中だけは今も、温かいままです。

「外の風に吹かれたら、あなたは一瞬で凍りついて死んでしまうわ」
 
 お母さんは、そう、僕に言います。

「だからわたしたちはここから出られないの」

「だけど悲しむことは、なにひとつないのよ」

「だってあなたひとりさえいればわたしは、幸せですもの」

 ビニールの部屋に、僕らは暮らしています。

 ビニールの部屋に、お母さんとふたりで暮らしています。

 世界は滅びたので、

 この部屋の外はいつも、毒のある空気ばかりが漂っています。

 だけどビニールは空気を閉じ込めるので、

 この部屋の中だけは今も、空気が綺麗なままです。

「外の空気を吸ったら、あなたは一瞬で毒が回って死んでしまうわ」

「だからわたしたちはずっとここにいるの」

「だけど寂しいことは、なにひとつないのよ」

「だってあなたひとりさえいれば、わたしは充分ですもの」

 ビニールの部屋に、僕らは暮らしています。

 ビニールの部屋に、お母さんとふたりで暮らしています。

 お母さんのことが、僕は大好きでした。

 ビニールの部屋に、僕らは暮らしています。

 お母さんのことを、僕は、愛していました。

 ビニールの部屋に、お母さんとふたりで暮らしています。

 お母さんは、滅びた世界に残った、僕にとってのたったひとつの、すべてでした。

 ビニールの部屋の中で。

 ビニールの部屋の中で。

 ある日のことです。

 朝、目を覚ますと、お母さんが冷たくなっていました。

 お母さんは死んで、動くことも喋ることも、

 僕を抱きしめてくれることも、キスをしてくれることも、

 二度とありませんでした。

 お母さんは死んでしまいました。
 
 お母さんは僕にとってのすべてだったので、

 お母さんが死んで、ここに、最後のひとりに、なってしまいました。

 ビニールの部屋を、僕は出て行くことにしました。

 冷たい風を浴びて、

 毒の空気を吸いに、外に出ることにしました。

 死んでしまおうと、僕は思ったのです。

 もう誰もいなくなってしまったので、

 最後のひとりはとても寂しいので、

 死んでしまおうと、僕は思ったのです。

 もう動くことのないお母さんに、さよならを言って、

 ビニールの部屋の扉を、僕は開きました。

 外の風は、

 お母さんに聞いた通りに、とてもとても冷たく、

 だけれど僕は、それでも、

 一瞬で凍りついて死んでしまうようなことは、ありませんでした。
 

 外の空気は、

 お母さんに聞いていた通りに、とてもとても汚く、

 だけれど僕は、それでも、

 一瞬で毒が回って死んでしまうようなことは、ありませんでした。

 
 滅びた後の世界を、僕は歩いていきます。

 滅びた後の世界を、ひとりで、歩いていきます。

 何を食べることも、何を飲むこともせずに、

 力尽きる時を待って、ただ、歩いていきます。

 

(おい、こっちに誰かいるぞ)

(気絶して、酷く弱っている)

(だけどまた、生きてる)

(病院に運ぼう)

(生きてる)






(シェアしていただけると、運営の助けになります)