3月12日:どこかに消えた妻の骨

メジャーリーガーのカーター・キャップスという選手が、病気の手術で取り除いた肋骨でネックレスを作った。

このニュースを見て妻は「羨ましい」と言った。実は妻も過去、僕と知り合う前に2回大きな手術をして、そのうち2回目で肋骨を取り除いている。だけどその時の骨は手元にない。曰く「手術が終わったらどっかいっていた」そう。

「骨が欲しいと、手術前に、お医者さんに言っておけば良かったんだけれど。当事は手術そのものが怖くて、抜いた骨のことを考える余裕なんかなかった」

また先月末、2014年の愛知医科大の入試で、「恋人への別れの手紙を書け」という小論文の問題が出たということがちょっと話題になった。出題意図としては「患者にとって悪いニュースを、いかに傷つけずに伝えることができるか」という資質を問うたものらしい。

「別れの手紙」を書かせるとわかる医師の資質 | 深掘り!医学部入試の知られざる世界
医学部受験の2次試験、ことに面接試験、小論文試験が多様化してきている。今年の入試でも、「少子化について」(国際医療福祉大学)、「自分の型について」(岩手医科大学)など、通常の小論文のほかに、「触らぬ…

これについても「確かに、そういう資質を持ったお医者さんが増えてくれたら嬉しい」と妻は話していた。

「2度目の手術をしなければいけないと告げられたのは、1回目の手術が終わった直後だった。いま思い返すと、ちょっとデリカシーのない伝え方をされたように思し、ショックは大きかった。内容が内容なのでショックは仕方ないけど、ああいう思いを軽減できるお医者さんが増えるのなら、それは良いと思う」

A Nekogawaさん(@calico_candle)がシェアした投稿

【3月の出展予定】

■3/17 根津神社
■3/18 イオンレイクタウンkaze
■3/24 東京スクエアガーデン

妻がキャンドルを売ります。
僕も居ます。
お近くの方は是非お越しください。

A Nekogawaさん(@calico_candle)がシェアした投稿

妻が作るオーダーメイドキャンドルのお申込みフォームを作りました。
ご注文、ご質問はこちらからどうぞ。

キャンドル作り体験教室も開催しています。
詳細はa.nekogawa@gmail、または僕か妻のSNSまでお気軽にお尋ねください。

タイトルとURLをコピーしました