6月15日:那須どうぶつ王国/写真多め

妻のご両親に誘っていただき那須どうぶつ王国へ。生憎の雨ではあったのだけどびっくりするほど楽しかった。

最初に行ったのが猫たちに遊んでいただけるエリア。猫の皆さん「人間なんか見飽きてますよ」という態度なのがとても素敵で可愛らしい。たまに気まぐれで構ってくれたりするとすごく嬉しくなる。なんならここだけで一日中遊べる。犬もいる。

珍しいマヌルネコさんも。しばらくじっと観察すれば「ああー猫だ猫だ!」となる時と「やっぱりイエネコとはちょっと違う挙動をするなあ」となる時とどちらもある。今回は見られなかったけれど先日赤ちゃんが生まれたそうで来月から公開とのこと。

「コレ置物かな」と思ったら突然動き出したりする。もちろんお触り厳禁だけれどヒトが歩く通路を普通に生き物が歩いていたりする。このへんの距離感が普通の動物園と違う。そのぶん飼育員さんの人数も多くいろいろ話を聞ける。混んでいる時にどうなのかは分からないけれど。

ペリカンは眺めているとだんだん格好良く見えてくる。宇宙からきた侵略者みたいで。特に目つきがすごい。何考えてるんだ。

猫もう一丁。

雰囲気イケメンなアルパカ。こういうバンドマンいるよね。晴れていればもうちょっとアルパカと弄れられたのだけれど。

猛禽たち。ここも晴れていればショーがあったらしい。お義父さんいわくこのショーがすごくオススメだったとのことなのでちょっぴり残念。またこんど。

HELL-SEE(わかる人にはわかる。わかんないヒトもググればわかる。メェ~)

もちろんペンギンたちも。ジェンツー、フンボルト、ケープの3種類。前日すみだ水族館で見たマゼランも併せてここ2日間で4種類のペンギンに会う。今年生まれた若い子たちの姿も。

帰り際にはミミズクが。見つめ合っていると(あ……この生き物ぜったいに僕より賢いな)と思わずにいられない瞬間がしばしば訪れる。前述のペリカンとはまた違った目の魅力が。

晴れている時にまた行きたいな。

タイトルとURLをコピーしました