特別編17.気が向いた時に教えてくれれば良いよ

ラグビーワールドカップで日本代表が南アフリカ代表に負けてしまった頃。
 
その前の回の妊婦健診で「次回あたり性別が分かるだろう」ということだったのでドキドキしながら病院を訪ねた妻。だけれどいざエコーを見てみるとちょうど手で隠していたとのこと。さすがにこれでは見えない。
 
「どっちでも嬉しいけど早く知りたいなあ」と妻は言っていたので肩透かしをくらった形にはなったものの、手で覆うぐらいだから本人がまだ秘密にしておきたかったのかもしれない。人格を感じる。
 
「恥ずかしがり屋さんなのかかな」「そうはいっても大人でも恥ずかしいもんね」「自分のペースで教えてくれれば良いよね」と笑いながら話した。
 
性別はまだ分からなかったけれど元気に大きくなっている様子はハッキリ見て取れた。腕は前回よりもずいぶん逞しく、指なんかはもうすっかり節になっていた。顔立ちもなんとなく分かる。
 
安定期を迎えてから最初の健診を終えて特に問題も見当たらなかったので妊娠したことを徐々に周囲のひとたちにも話すようになった。みんなおめでとうと言ってくれるし心強い言葉をかけてくれるひともたくさんいた。ありがたいことだ。

タイトルとURLをコピーしました