特別編39.どうか平和な世界であって

新型コロナウイルスの影響で東京五輪の延期になると決まった。その日の仕事は関連ニュースの対応に追われて少し忙しかった。それを境にテレビやネットで目にする情報は日に日に深刻さを増しているように感じる。出産予定の病院は僕とお義母さん以外の面会ができなくなった。世界が平和であってほしいとこれほど切実に思ったことはない。生まれてくる赤ちゃんのことは僕と妻とで守らないといけない。

週末は不要不急の外出をせずほとんど家にいた。お笑い番組や金曜ロードショーのジブリを見て過ごした。季節外れの雪を珍しがった。ベッドにふたりで横たわり幾つかの動画を参考にしながら出産時の呼吸法を練習した。ある動画の中では「赤ちゃんは頑張って生まれてくる。だから応援してあげて」と話していた。見え終えたあとは妻のお腹に手を当ててたくさん声を掛けた。こんにちは。ちょうしはどう? ママの抱っこはきっと気持ちがいいよ。応援しているよ。生まれてくるのを楽しみにしてるよ。

タイトルとURLをコピーしました