紙の魚

 金魚 金魚 真っ赤な金魚

 おれは金魚だ 真っ赤な金魚

 水槽の中で ぶくぶく 金魚

 光る真っ赤の ぷかぷか 金魚

 ()

 おれの相棒 死んじゃった

 おれとおんなじ 金魚だったよ

 ずっと一緒に暮らしていたのに

 腹を上にして ぷかーって死んだ

 ()

 相棒が死んで おれはひとりだ

 水槽の中に ひとりぼっちだ

 涙も出ないぜ ぷかぷか ぷかぷか

 水槽の中に ひとりぼっちだ

 ()

 だけど次の日 目を覚ましたらさ

 水槽の中に 何だか 一匹

 見たことのない やつが 居たんだ

 そいつも真っ赤な身体の魚で だけどおかしな 形をしていたんだ

 ()

 そいつの身体は 薄くて ぺらぺら

 僕はね、紙の魚なんです」

 消えそうな声して 静かに 笑った

「切り抜きで出来た魚なんです。僕はね、紙の魚なんです」

 ()

 紙の魚に おれは言ったよ

 なんだよお前 変なやつだな

 紙の魚におれは言ったよ

 お前なんかな おれは 嫌いだ

 ()

 紙の魚は 静かに笑って

「僕はね、あなたが嫌いじゃないです」

 やっぱりおれは こいつが嫌いだ

 おれの相棒 死んだあいつだけだ

 ()

 金魚 金魚 おれは金魚だ

 水槽の中を ぷかぷか ぷかぷか

 死んだ相棒 思い出してる

 良いやつだったよ ぷかぷか ぷかぷか

 ()

 金魚 金魚 真っ赤な金魚だ

 すいそうの中を ぷかぷか ぷかぷか

 紙の魚も 泳いでいやがる

 変なやつだよ ぷかぷか ぺらぺら

 ()

「あなたはどうして、泣いているんですか」

 紙の魚が ぺらぺら 尋ねた

 泣いてなんか いるもんか!

 こいつは嫌いだ ぷかぷか ぺらぺら

 ()

 目を覚ましたら 紙の魚の

 尾ひれがぼろっと 千切れてしまっているのに気付いた

「ああ、ほら、ぼくは紙の魚ですから」

「水の中だとこうしてすぐに、ぼろぼろになって、しまうわけです」

 ()

 紙の魚は それから日ごとに

 身体がだんだん ぼろぼろになっていって

 ぷかぷか ぺらぺら ぼろぼろ ぼろぼろ

 ぷかぷか ぺらぺら ぼろぼろ ぼろぼろ

 ()

 おいお前 大丈夫かよ

「大丈夫ですよ、心配しないで」

 だけどそんなに ぼろぼろじゃないかよ

「ねえ、今、僕は嬉しいんです」

 ()

 嬉しいって お前 どういう意味だよ

「だって僕がね、ここに来てから」

「今が初めてだったんですもの」

「あなたの方から、声を掛けたの」

 ()

 やっぱりお前は変な奴だよ

 おれ お前のこと 嫌いだからな

 そんなに静かに ぼろぼろ 笑って

 おれお前のこと 嫌いで 嫌いだからな

 ()

 ぷかぷか ぷかぷか ぷかぷか ぷかぷか

 ぷかぷか ぺらぺら ぷかぷか ぼろぼろ

 ぷかぷか ぷかぷか ぷかぷか ぷかぷか

 ぼろぼろ ぼろぼろ ぺらぺら ぼろぼろ

 ()

 あのな おれには 大事な 相棒がいたんだ

 相棒 ある日突然 死んでしまったけど

 相棒が死んでそれから お前がやって来たんだ

 だからおれは お前のこと 嫌いなんだからな

 ()

 ぺらぺら ぺらぺら

 ぼろぼろ ぼろぼろ

 おいお前 本当に大丈夫なのかよ

 身体もう 本当にぼろぼろじゃないかよ

 ()

「これはもう、本当に、だめかもしれないですね」

「僕ね、紙だからこうやって、少しづつぼろぼろ、水に溶けちゃうんです」

 ぼろぼろ ぼろぼろ ぼろぼろ ぼろぼろ

「僕ね、あなたのこと、とても大好きなんです」

 ()

 お前は あいつじゃない

 お前はあいつじゃないのに おれたちの水槽にいきなりやってきたんだ

 お前は あいつじゃないのに

 あいつじゃないのに お前までどうして そんなに ぼろぼろ ぼろぼろ

 ()

「あなたの相棒さん、僕、会ったことないけど」

「僕ね、ずーっと、羨ましかったですよ」

 ぼろぼろ ぼろぼろ ぼろぼろ ぼろぼろ

「僕ね、あなたのこと、とても大好きなんです」

 ()

「これはもう、本当に、だめかもしれないですね」

 ぼろぼろ ぼろぼろ

「あなたは僕のこと、嫌いかもしれないけど」

「ひとつだけワガママ、最後に、言っちゃいけませんか?」

 ()

 なんだよ ばか

 おれお前のこと 嫌いだって言ってるじゃんかよ

 お前のそういうところも おれ 嫌いなんだよ

 おれが断れないって 分かって言ってるだろ 嫌いだ

 ()

「ありがとう。あなたのこと、やっぱり大好きです」

「あの、あのね。お願いというのは」

「僕の身体、もう、ちょびっとしか、残っていないけれど」

「良かったらひとくち、あなたに、食べてほしくて」

 ()

「ひとくちぐらいだったら、身体には、悪くないです」

「ふやけた紙だから案外、食べやすいです」

「味はついてないけど、そのへんは、ごめんなさい」

「ひとくちぶんでも構わないから、あなたの中に残っていたいんです」

 ()
 
 ぷかぷか ぷかぷか ぼろぼろ ぼろぼろ

 ぷかぷか ぺらぺら ぼろぼろ ぺらぺら

 ぷかぷか ぼろぼろ ぼろぼろ ぼろぼろ

 ぼろぼろ ぼろぼろ ぼろぼろ ぼろぼろ

 ぱくっ

 ()

 金魚 金魚 真っ赤な金魚

 おれは金魚だ 真っ赤な金魚

 水槽の中で ぶくぶく 金魚

 光る真っ赤の ぷかぷか 金魚

 ()

 俺の相棒 死んじゃったよ

 紙の魚も もう 死んじゃったよ

 水槽の中で おれは生きてる

 ぶくぶく ぷかぷか おれは 生きてる

 








コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です