Pちゃん

 Pちゃんという子が居ました。 

 Pちゃんは、みんなに内緒のお友達です。 

 クラスのみんなには内緒です。 

 パパにも、ママにも内緒です。 

 ぼくがひとりで居る時だけ、Pちゃんはやって来ます。 

 ぼくはPちゃんと一緒に、お喋りしたり、本を読んだり、テレビを見たりします。 

 Pちゃんと居ると、ぼくはとても楽しいです。 

 だからぼくはPちゃんのことが大好きです。 

 
 ある日、Pちゃんは突然、居なくなってしまいました。 

 ぼくがひとりになっても、Pちゃんはやって来ません。 

 どこをさがしても、Pちゃんの姿は見えません。 

 名前を呼んでも見つかりません。 

 Pちゃんが大好きな本のページを開いても、 

 Pちゃんが大好きなテレビをつけても、見当たりません。 

 
 ぼくは悲しくなってしまいました。 

 ぼくは寂しくなってしまいました。 

 ぼくは泣きたくなってしまいました。 

 ぼくはPちゃんに会いたくて仕方ありません。 

 ひっしになって、ぼくはPちゃんを探しました。 

 クラスのみんなに、聞いて回りました。 

 パパにもママにも、聞いて回りました。 

「Pちゃんを知らない?」 

「Pちゃんはどこにいったの?」 

 クラスのみんなは、Pちゃんのことを知りませんでした。 

 パパもママも、Pちゃんのことを知りませんでした。 

 ぼくは泣いてしまいました。 

 わんわんわんわん、泣いてしまいました。 

 それから、どんなにさがしても、Pちゃんは帰ってきませんでした。 

 ぼくの周りに、クラスのみんなが集まってきます。 

「Pちゃんの話を聞かせてよ」 

「そのあと、Pちゃんはどうなったの?」 

「Pちゃんのこと、もっと知りたいよ」 

「あたしもPちゃんに会いたかったよ」 

 みんながぼくの周りに座って、にこにこ笑っています。 

 ぼくはみんなに、Pちゃんのことを話して聞かせます。 

 毎日毎日、Pちゃんのことを思い出して話をします。 

 ぼくは今も、少し寂しいけれど。 

 みんな、みんな、Pちゃんのことが大好きになりました。 








コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です