3月9日:夫婦とはいえ言わなきゃ分かんない

昨日ふたりでテレビを見ていたら「妻は夫のこんなところに怒っている」という旨の番組をやっていたのだけど、挙げられていたいずれの事例においても、夫は自分が怒らせる言動をしていることに無自覚だし、妻も自分が怒っていることを直接言わないので、そりゃあそれ違うのは当たり前だよねえという話をした。

もちろん夫婦をやっていると「言わなくても察せる」みたいなことが部分的にはできるようになったりするんだけど、とはいえ部分的なので、それに甘えてコミュニケーションが雑になると絶対すれ違う。どんなに親しい間柄でも自分の気持は「言わなきゃ分かんない」というのが基本だと思う。一方で相手に対しては「言えずに抱え込んでることないかな」「喋りにくいと思われてないかな」みたいな気遣いも大事にしないとやっぱりすれ違う。「思ったことを話しやすい関係づくり。およびその維持」というのは常日頃から意思的にやっていかなきゃいけない部分なのかなと。
 
妻の場合は良くも悪くも気持ちを内に秘めておくというのをあんまりやらないので、喧嘩をすることもそれなりに多いんだけど、変に溜め込んだりしないのは良いところだと思う。……だと思うんだけど、だからといってそれに甘えずちゃんとコミュニケーション取るというのは意識し続けていかなきゃなあ、と思いました。うん。

オーダーメイドキャンドル、キャンドル作りワークショップのお問い合わせはこちらのフォーム、もしくは僕か妻のメールやSNSなどから。ぜひ気軽にお問い合わせくださいね。



Ofuseでの投げ銭やメッセージ
或いはSNSでのシェアをしていただけると
運営の助けになります。