6月24日:令和の万引き事情


妻はずっと販売員の仕事をしているので万引きには常に目を光らせている。そんな妻によると近年の万引き犯の特徴としては「盗んだモノはメルカリ等で転売する」「人気YouTuber等が宣伝した商品は品薄になり高値で転売しやすいので特に狙われる」といったあたりが挙げられるのだとか。21世紀の万引きという感じだ。

実際にメルカリで売られている化粧品の写真をざっと眺めてみると「アーこれは明らかに盗品だな」というモノが結構あるのだという。

例えば明らかに「テスター」のラベルを剥がした痕跡のあるもの。テスターを狙って盗んでいく手合いも結構多いらしい。デパート等のトイレに置かれている石鹸やクリームなんかのテスターなんかは店員が監視するわけにもいかないぶん特に盗まれやすく、盗まれやすいのでメルカリにも流れやすい。もちろん開封済みだし衛生的にもどうだか分からない。

テスター以外にも盗まれてから発注されるまでどんな管理をされているか分かったもんじゃないし、「5~6年前に廃盤になったような商品(化粧品は原則として1年以内に使い切るモノ)」なんかも普通に出品されているそう。

「こう言うとメルカリの運営さんとかに怒られるかもしれないけど、盗品である可能性を抜きにしても、化粧品をああいうところで買うのはあんまりオススメしない。肌につけるものだし、ちゃんと正規のルートで買ったほうが安全だよ」とのこと。

タイトルとURLをコピーしました