いちばん写真を撮った年

2020年はこれまででいちばん多く写真を撮った。大部分は間もなく9ヶ月を迎える娘の写真。最近の娘はつかまり立ちをしながら片手を離すようになった。歩行器で少し前に進めるようになった。布団の上でなら膝立ちになってぴょんぴょん跳ねたりする。這い這いをすればちょっとぐらいの障害物なら難なく乗り越える。今の娘の姿を9ヶ月前の自分が見たらびっくりするだろう。2ヶ月前の自分だって声を出して驚く。赤ちゃんの成長はそれくらいものすごく早い。身体が強く大きくなりたくさんのことが出来るようになってきたのだけどその一方で卒業したものもずいぶんたくさんある。新生児の頃はくしゃみを失敗するときに気の抜けたような声を出すのが可愛かったのだけど今はもうやらない。秋頃にやっていたズリバイは手を使わず脚だけを使ってカエルみたいに前進する珍しいスタイルだったのだけど這い這いを覚えてからはやらなくなってしまった。いま見せてくれる仕草や表情もそのうちの幾つかはもう少しすれば見れなくなるのだろう。今日の姿は今日だけのものという感覚が強いから撮影する回数も自然と多くなる。いつか一緒に見返せたら良いな。

タイトルとURLをコピーしました