ゼロ歳記46.赤ちゃん時代もあとわずか

2021年2月第2週目。この時期は妻のところから僕のところまで70センチぐらいをよちよち移動して喜んだりしていた。一方でハイハイをする頻度はだんだん減っていく。粉ミルクも卒業。代わりにフォローアップミルクを飲むので哺乳瓶自体はまだ少し使うのだけれど主な栄養元が食事に切り替わった。

それまではベビ子、これまでの変化は「ずりばいがハイハイになった!」とか「ミルクを飲む量が増えた!」とか、あくまでも「赤ちゃんらしさから新たな赤ちゃんらしさへの以降」であったのだが、この時期の変化は「ハイハイから歩きに変わりつつある」「粉ミルク終了」と、赤ちゃんらしさの終わりを感じさせる変化が多かった。赤ちゃんが赤ちゃんでいる期間というのはけっこう短いらしい。

おやつをあげはじめたのもこの頃。最初は1袋2枚入りのひじき煎餅から。いちどに2枚はまだ少し多いので、最初は1枚たけ娘にやり、残り2枚は僕と妻とで半分ずつ食べた。うすあじだけど意外と美味しかった。


 

タイトルとURLをコピーしました