ゼロ歳記43.ベビー立つ

一月中旬。娘が立った。僕と妻が夕飯を食べていたとき、ベビーサークルにつかまり立ちしながらテレビを見ているなあと思ったら、いつの間にか手を離して自分の足だけで数秒立っていた。一度出来てからはコツを掴んだのか頻繁に立つようになる。なんなら今にも歩き出しそうな雰囲気さえ醸し出していたので僕は娘が立つたびにスマホを手に取りビデオカメラを起動させなければならなかった。

離乳食。一時期は食べさせるたびに泣いたりしていたこともあったのだけど、この時期はもう手づかみ食べもするようになり「食べる」が好きになってきたように感じた。赤ちゃん用のおせんべいでおやつデビューもした。「いきなり1袋ぜんぶは多かろう」ということで、1袋のおせんべいを娘と妻と僕とで分け合って食べたりした。薄味だけど意外と美味しかった。

娘はわりと生まれて間もない頃から絵本好きなのだけれど、好きな絵本はその時期ごとに結構ころころ変わる。買った当初は見向きもしなかった絵本をしばらく経ってから好きになったりする。このときは出産前に友人から貰った「ペンギンたいそう」がお気に入りだった。


 

タイトルとURLをコピーしました