ねこぺん家族

ねこぺん家族

ゼロ歳記11.子どもの遊ぶ声

六月半ば。生後二ヶ月の娘は他者への興味を日々募らせていく。
ねこぺん家族

ゼロ歳記10.夜中に起きるのはしんどい

生後二ヶ月すこし過ぎた頃に夜間授乳をやめた。
ねこぺん家族

ゼロ歳記09.ゼロ歳児と手

5月末。娘は自分の手を見つめて過ごすことが多くなった。同時に、それまで常に顔に作っていた細かい引っかき傷が急に少なくなった。
ねこぺん家族

ゼロ歳記07.廻るぬいぐるみ

「ここはもう胎内ではない」という理解がはっきりしてきたのだろうか。
ねこぺん家族

ゼロ歳記06.はじめてのベランダ

寝かしつけの際にはどういうわけだか僕が歌いながら抱っこすると眠った。それもただの子守唄ではない。
ねこぺん家族

ゼロ歳記05.新生児期の終わり

一ヶ月検診は妻と娘がふたりで受診した。娘にとってはこの日が退院以来はじめての外出。
ねこぺん家族

ゼロ歳記04.ハロー情緒

生後三週間。この時期からは「誰かにそばにいて欲しい」「抱っこしてほしい」などなど、より情緒的な不安で泣いていたような気がする。
ねこぺん家族

ゼロ歳記03.ポイズン

娘に起きる些細な変化について、どの程度の起きた時に心配すべきなのか、逆にどの程度まで心配しないべきなのか、その匙加減が全然わからなかった。
ねこぺん家族

ゼロ歳記02.ようこそ我が家へ

産後の入院期間を経て妻と娘が家に帰ってきた。この直後の数日は本当に激動だった。何より娘が死にやしないかと気が気ではなかった。
ねこぺん家族

ゼロ歳記01.育児が始まる日

生まれたての娘はというと、まだこの世界に慣れていない様子で、起きている時は自分の手の動きに驚くような素振りも見せていた。
ねこぺん家族

特別編 最終回.Hello World

これからもよろしくね。
ねこぺん家族

特別編39.どうか平和な世界であって

これほど切実に思ったことはない。
ねこぺん家族

特別編38.すでにたくさん貰っているみたいだ

妊娠が分かってからずっと手探りだったけれど何だかんだで楽しく過ごせていたねと話した。
ねこぺん家族

特別編37.またひと区切り、あともう少し

あなたが生まれた病院から退院して、いちばん最初にこの家にくるときに着る、白くて可愛い服を買いました。
ねこぺん家族

特別編36.もうすぐ春ですね

出産に向け体力づくりも兼ねて妻とふたりで散歩をすることが増えた。
タイトルとURLをコピーしました