「 辺川 銀 」一覧

声の墓標-第3話

声の墓標-第3話

<第2話に戻る  おじいさんの家に猫がやってきたとき、わたしは七歳だった。いつものようにおじいさんの家に行くと、リビングのソファの上で見覚えのない虎柄の猫がすやすや眠っていた。この子どうしたの? わたしがそう訊くと、「何日か前に家に上がり込んで、そのまま居付いてし...

全文を読む

声の墓標-第2話

声の墓標-第2話

男は自分が桃太郎であると信じている。ネットに入り浸り、電波塔に住む鬼を退治しに行く仲間を募っている。けれどあの電波塔が鬼ヶ島でないことなど誰もが知っているから、彼の求める犬や猿や雉は決して現れない。

全文を読む

声の墓標-第1話

声の墓標-第1話

おじいさんが変わってしまったのは、わたしがちょうど思春期に差し掛かった頃だ。その視線にはもう、かつてのような優しさは見受けられなかった。わたしは徐々におじいさんのことを怖いと思い始めた。

全文を読む

【お礼とご報告】西日本豪雨で被害を受けた広島市呉市安浦町を訪ねました

【お礼とご報告】西日本豪雨で被害を受けた広島市呉市安浦町を訪ねました

先月末。広島市呉市の安浦に住んでいる祖母の家を訪ねました。7月の西日本豪雨で大きな被害を受けたところです。

全文を読む

9月14日:今年最後の夏だよ

9月14日:今年最後の夏だよ

豪雨の被害が大きかった中でも、祖母が無事で、まぁまぁ元気そうだったのが救い。妻のキャンドルを欲しいということなので、作ったものを持っていって渡した。

全文を読む

星を拾う夏

星を拾う夏

この街は空が近いので夜になると流れ星がたくさん落ちてくる。だから星のかけらなんて、秋に見かける栗の実よりもたくさん落ちている。「この街で拾った星のかけらを燃やして、燃え尽きるまでの間に願いごとをすると、それは叶うんだって」

全文を読む

8月5日:デザインフェスタ

8月5日:デザインフェスタ

8/4~8/5の2日間。デザインフェスタに妻のキャンドルを出展した。

全文を読む

7月22日:5歳のお誕生日ですって!

7月22日:5歳のお誕生日ですって!

7/22は妻の誕生日だった。26歳になった。

全文を読む

どうしてあの子が選ばれたのだろう

どうしてあの子が選ばれたのだろう

貧しさそのものも嫌だったのだけれど、それ以上に、ここに生まれたからといって豊かさを諦める周囲の卑屈さを、強く嫌悪した。いつか豊かになって「自分たちはこの街に生まれたから豊かにはなれない」なんていっているやつらに、その間違いを認めさせてやるのだ。

全文を読む

7月17日:ざる蕎麦がこない

7月17日:ざる蕎麦がこない

先週末は妻の吹奏楽の演奏を聴きに栃木へ。

全文を読む

【ご協力のお願い】広島市呉市安浦町の豪雨被害について

【ご協力のお願い】広島市呉市安浦町の豪雨被害について

いま報道されている通り、先日の西日本豪雨で、安浦は大きな被害を受けました。どうか少しでも、お力添えをいただければ嬉しいです。

全文を読む

髪を切る

髪を切る

こんばんは。数日前に久々に髪型を変えました色も青光りするくらい真っ黒に。髪を切ることってわたしの中でとても大切なことなんですよ歳を取るにつれてなぜか真っ直ぐになってしまった私の髪の毛。小さい頃は実はくるくるの天パ自分の髪の毛が大嫌いで天パのことでいじめられたこともあったなん...

全文を読む

キャンドルとの出会い

キャンドルとの出会い

ブログ2日目、さっそく何書けばいいかわからなくなってきてる… 昨日は簡単な自己紹介したので今日はキャンドルとの出会いを。 わたしが初めてキャンドル作りをしたのが2016年の12月。たまたまネットで見つけてなんとなく行ったのがきっかけ 当時わたしはア...

全文を読む

2018年7月5日の投稿

2018年7月5日の投稿

どうやらここにわたしのブログが上がるように旦那さんが頑張ってくれちゃったみたい。なので毎日なんかしら書いてみようと思います。とりあえず1番はじめなので簡単な自己紹介を。

全文を読む

6月19日:妻。第三形態に進化する

6月19日:妻。第三形態に進化する

妻に靴を買った。

全文を読む