掌編小説

掌編小説

エンキドゥはつめたいところにいる

彼の腕に抱かれながら、同じ生き物でないことが悲しく、わたしは泣きたくなります。
掌編小説

ファイアボール

もう少しして夜がやってきたなら、燃える隕石がたくさんたくさん降りトーキョウの町はすべてが爛れて消えてなくなる。そうなれば良いなとおれは思っている。
掌編小説

泥に沈んで安らかに

煙草を吸えないきみは、わたしの真似をして白い煙を頭上にふわりと吐いた。わたしはにやにやと笑いきみはけたけたと笑った。死にたいと思った。
掌編小説

廃墟のアルバート

アルバートは古くなった腕や脚や内臓を定期的に交換することでずっと生き続けることができた。交換が必要なのは心臓や記憶もまた例外ではなかった。
掌編小説

祈る歯車

神さまの王国では、戦死した国民は楽園で生まれ変わることが出来るということになっており、それはとても名誉で幸せなことだと言われていた。
掌編小説

くらげの森

くらげは何かの役に立つかもしれない。役に立たないかもしれない。
掌編小説

ウルトラブルー

死んでしまうのは怖いことだと思う。ぼくは死にたくない。
掌編小説

ジムノペティ

コバルトの雪は捨てられた子どもを殺すための毒だ。この町を造った奴は恐らく、捨てた子どもが大人になり、やがて復讐されることを酷く怖れたのだろう。
掌編小説

破片の男

さっきこの場所で親に虐められた子どもが泣いてたんだ。これはその子どもが落としていった破片さ。あんたはそう言うとその破片を自分の腕にぐさりと突き刺した。
掌編小説

塞がる膜

私はゼンマイ仕掛けだ。ゼンマイの穴は私の背中にある。ゼンマイのネジはあなたの右腕だ。私が裸になり背中の穴を向けると、あなたはそこに右腕のネジを突っ込む。
掌編小説

芽生えぬ種の家

例えば僕がいなくなっても、君は決して泣いたりしたらだめだよ
掌編小説

ラピスラズリ 

大好きな彼女の探しものを、私は彼女よりも先に見つけてしまった。私はそれを彼女に隠している。
掌編小説

箱の子ども 

大勢で喋りながら歩いてくる女子高生のグループとすれ違った。彼女たちは笑っていた。私は笑い声が苦手だ。私は笑い声が苦手だ。自分が笑われているような気がするからだ。
掌編小説

トカゲの星

先生が言うには、精神病のせいで私は人間の姿をしているから毎日しっかりトカゲになるための薬を飲みトカゲの姿になるまで退院してはいけないということだった。
掌編小説

ぜんぶがぜんぶ私はそんなふうだ

甘いものが食べたいような気がした、それは勘違いだったということに食べてから気付いた。