掌編小説

掌編小説

私を好きなひとへ

両親は彼らなりに姉のことを愛していたと思う。だけど彼女がどんな人間かを理解することは、ついぞできなかった。
掌編小説

夢と魔法のペルフェティ

ペルフェティの姿を目の当たりにしたとき僕は驚いた。道化師のような化粧を施したペルフェティが男性とも女性ともつかない美しくユニークな格好をしていたからではない。
掌編小説

諦めた者の夕べ

ひとつの夢を諦めずに続けて叶えるひとは稀だ。だが一方で諦めずにいること自体はとても簡単だ。それよりはむしろ諦めることの方がずっと難しかった。
掌編小説

青と稲妻

彼と交際してみて気づいたことがある。愛にまつわることだ。十四歳の子どもに過ぎないわたしが愛なんて言葉を取り扱うのは不適切かもしれない。けれど他にしっくりとくる言葉を思いつくことも今のわたしにはできない。
掌編小説

娘は小石を王子に見立てて姫の役を演じる

学芸会で劇をやりました。僕がその時、演じたのは、舞台の背景に置かれている石ころの役です。台詞はなく、はじめから終わりまで動くことのない、つまらない石ころの役です。なぜそんな役をやっていたと思いますか?
掌編小説

夢を叶えたあとのこと

ただただ必死に働くうちに自分の夢はかなっていたようだ。気づけばすっかり満足していたのだ。だから「これからどういう人生を歩んでいきたい?」と訊かれた時、私は言葉に詰まった。
掌編小説

由香里の薔薇が死んでいる

この世界の仕組みは非常に単純だ。「良いことをした者には嬉しいことが起こる」「悪いことをした者には悲しいことが起こる」たったこれだけだ。
掌編小説

Mal tiempo buena cara

以前のワタシは、自分の人生の何もかもを、他者の決定に委ねるだけだった。自分がこんなに、何かに悩むなんて、想像することもなかったのだ。
掌編小説

また今度はいつか。またいつかは今度

やりたいことは結構たくさんあるけど、どれを叶えれば幸せになれるのかな。もしかしたら、何をやってもしんどいままなのかな。
掌編小説

弱く優しい少年たちは

僕はいじめられっ子だった。身体が小さく喧嘩も弱くスポーツだって苦手だったからだ。けれどある時ダイキくんがみんなの前で言った。「喧嘩?スポーツ?そんなのでひとの順番が決まるなんてすごく変だと思う」
掌編小説

母と、母の男、それから銃について

母は私を確かに愛していた。でもそれ以上にあの男を愛していた。どんな時でも私を守ってくれた母は、男が私を殴る時だけ、見て見ぬふりをした。
掌編小説

あなたがヒトをやめる場所

『夫婦が別室で寝るようになったらそれは離婚の前兆』とテレビ番組のコメンテーターが話していた。交際をはじめたばかりの頃、夫はある生き物についてわたしに話してくれた。
掌編小説

痩せた醜い野良犬になっても

私は二十七歳。恋人は妻子持ち。身の回りでは結婚や出産の話題が毎日のように飛び交う。彼の夫婦関係は冷めきっているけど、離婚した上で自分と再婚してくれるなんて甘い期待を抱くほど私の頭はお花畑ではない。
掌編小説

youtu,be WvykFUTxWdQ&t

彼は他のヒトビトと同じように、正しい遺伝子を用いて、正しい方法で以って生み出されました。ですから他の人間たちと、ほんの少しも違っているはずがありませんが、どういうわけだか彼は、耳が聞こえません。
掌編小説

海辺と魔女の夜

決して叶わないことを強く望むのはすごく怖いじゃないか。望みをどんなに強くしたって叶わないのであれば、自分で火種から大きくした炎に、焼き尽くされるだけだ。
タイトルとURLをコピーしました